読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのたび僕に教えてくれる

明日もしその笑顔見れるのなら

ジャニヲタになったきっかけ/後編

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

今の私はジャニヲタと呼べるレベルではないとは思いますが、毎日Hey! Say! JUMPのこと、伊野尾君のことを応援しています。

Hey! Say! JUMPにはまったきかっけは、去年の27時間テレビでスーパーダンクをしていた彼ら。古参伊野尾担の方にはあまり好かれないとは思いますが、伊野尾革命後かなり経った後のド新規です。

テレビをほとんど見てなかった私ですが、Hey! Say! JUMPの名前は知っていました。たぶん、過去にうたばんとかで見たんだと思う。でも、メンバーの名前は山田君と知念君をかろうじて聞いたことあるなぁ~くらいで、メンバーが何人かとかは知らなかった。Ya-Ya-yahで有名だったやぶひかさえも知らなかった。27時間テレビを見るまでJUMPは今でも高校生くらいのイメージだった。。。

27時間テレビでスーパーダンクをしている伊野尾君を見て、可愛いのに眉毛りりしくてカッコいい!と思った私は、本当数年ぶりにCDを買いました。伊野尾君を調べると、ちょうどDEARの発売日が27時間テレビの2日後?くらいなことを知り、予約なんてもちろんしてなかったけど、運よく地元のショボいCD屋さんにラスト1枚初回限定版1があったのです。しかし、CD買うの数年ぶり、ジャニーズのCDは初めてです。なんで3枚も種類があるのか分からなかった…。10分くらいHey! Say! JUMPコーナーをうろうろするBBA…とりあえずDVDついてるし、初回盤1買っておこうと手に取った私は、のちにらじらー!サタデーを聞き、いのひかの魅力にやられて初回限定盤2も買うことになるのでした。

ちなみに呼びやすいのでコンビ名でかいていますが、特定のコンビで好きなわけではありません。JUMPを好きになったきっかけが伊野尾君で、これからも伊野尾君を応援し続けたいと思っていますが、知れば知るほどJUMP全員大好きになりました。 箱推しとなると、これまたあまり好かれない傾向のようですが、jr時代にあまり関わりないグループ同士解体され結成されたHey! Say! JUMPが、10年一緒にいろんなことを乗り越えてきた。その10年という節目にファンでいられることをとても嬉しく思います。

 

リアルの友達数人に、Hey! Say! JUMPのファンになった!っていうとすごく驚かれました。中高生がアイドルに憧れる気持ちはわかっても、社会人になってからは毎日仕事や彼氏・友達と遊んだり飲み会したり楽しくて、子供が産まれてからは子育てに毎日忙しくて、アイドルを応援する・趣味=アイドルの気持がわからなかったし、親友に「KAT‐TUNの上田君かっこよくない?」と言われた時も、そうかな…?そうだね…。くらいの反応で、本当申し訳なかったと思います。本当ごめんね。

 

インスタとかで私が急にJUMPの話しだしたらそれこそ同級生達にびっくりされると思うし、世の中には過去の私のように、ジャニーズに興味ない人もいると思うので、ここでブログという形で書けて良かった。まだまだ書き足りないけど、いったんここで終了。